にいがた発!在宅ホスピスボランティア講座
■内藤いづみ先生 講演会のお知らせ
平成29年2月25日に長岡で講演されるのを機に、
翌日の26日(日)新潟市でもご講演いただくことに
なりました。
在宅ホスピス医 内藤いづみ先生を囲んで
住み慣れた家で最期を生きる 〜種をまくひと

会期:平成29年2月26日(日)
会場:NSTゆめディア
開場:午前10時(受付開始)
開演:午前10時30分〜12時
定員:100名
(どなたでも参加できます。定員になり次第締め切ります)
申し込み・お問い合わせは斎藤内科クリニック在宅支援室
TEL:025-211-3930 まで
内藤いづみ先生を囲んで
■第3回 普及・啓発セミナー 住み慣れた家で最期まで生きるために
住み慣れた我が家で“がん終末期”を生きるためのホスピスケアは、医療・介護・福祉の専門家による多職種連携で可能となります。
家は身体的苦痛、精神的苦痛、社会的苦痛そして霊的苦痛(スピリチュアルペイン)まで和らげることが出来ます。
施設ホスピスで数多くの方を看取られた桜井金三先生と日本のスピリチュアルケアの第一人者である大下大圓師をお迎えし、全人的苦痛へのホスピスケアの大切さをお話いただきます。

パンフレット・申込用紙は右記よりダウンロードしていただけます。お申し込み、お待ちしております。
住み慣れた家で最期まで生きるために
■にいがた発!在宅ホスピスケアボランティア講座 育成セミナー
在宅ホスピスケアボランティアを学んでみませんか?
ご家族をご自宅で看取られた経験のある方、
ボランティア活動に興味のある方、現役を引退された医療・介護職経験者、一般の方など、どなたでも大歓迎です。

パンフレット・申込用紙は右記よりダウンロードしていただけます。お申し込み、お待ちしております。

※各回とも定員に達しましたので締め切らせていただきました。たくさんのお申込みをありがとうございました。
育成セミナー
■第2回 普及・啓発セミナー 住み慣れた家で最期まで生きるために
在宅ホスピスケアボランティアは、専門職によるホスピスケアが切れ目なく提供されることを支援するとともに亡くなられた後のグリーフケアへも関わります。今回は、これまで数多くの故人の想いをご家族へ直接繋いできた納棺師・本間義康氏と、がんと向き合うご本人、ご家族そして専門職への取材を通して見えてきた在宅ホスピスの可能性を新潟日報社報道部デスクの石原亜矢子氏に語っていただきます。

パンフレット・申込用紙は右記よりダウンロードしていただけます。お申し込み、お待ちしております。
住み慣れた家で最期まで生きるために
■第1回 普及・啓発セミナー 住み慣れた家で最期まで生きるために
住み慣れた我が家でがん終末期を生きるためのホスピスケアは、医療・介護・福祉の専門家による多職種連携で可能となりますが、患者さんとそのご家族を支援するホスピスケアボランティアはこれまで知られていません。
在宅ホスピスとボランティアの養成にいち早く取り組まれ、実践されているクリニック川越院長・川越 厚先生と川越 博美先生をお招きし、新潟初の在宅ホスピスケアボランティアについて学びます。

パンフレット・申込用紙は右記よりダウンロードしていただけます。お申し込み、お待ちしております。
住み慣れた家で最期まで生きるために
■にいがた発!在宅ホスピスケアボランティア講座 スケジュール
新潟県立生涯学習推進センター(県立図書館内)で行われる「にいがた発!在宅ホスピスケアボランティア講座 住み慣れた家で最期まで生きるために」の開催スケジュールです。

普及・啓発セミナーは全3回開催。
育成セミナーは全5回開催です。

詳しい内容とスケジュールは、右記よりダウンロードしてください。
住み慣れた家で最期まで生きるために
このページの先頭へ戻る